2018年11月14日

運動会(保育園編)

とんの保育園で運動会がありました。

小学校の校庭をかりて、0歳児から参加!
(保育園の庭は泥の山でできてるからね)



とんは最初私たちと席を離れるときは泣いちゃったけれど
その後は見ている時も、出番の時も真剣に参加していました。


前半は
いつも園でやっているリズム体操が主。

クラス(年齢)ごとに中央に出てきて音楽に合わせて動くのだけど、
当たり前なんだけど、年齢が上がるにつれてできることが違ってくる。

まさにヒトの進化の過程を見るようでした。


家で突然始める謎の体操の正体もいくつか判明。


後半はクラスごとの競争的な運動会的な演目(ていうかこれ運動会だったよね)。

0,1歳児はアスレチックを机や板で組んで上る競技、
とんの2歳児クラスはタイヤをひもで腰にくくりつけて走る競技。

タイヤには重りが入っていたようで、前傾姿勢で一生懸命の子もいれば、にこにこと余裕で引っ張る子も。



年長さんの障害物競走はかなりのハイレベル。

大人の背よりも高い垂直の板を乗り越え、前転をし、鉄棒で逆上がりをし、竹の棒(3方に紐がついていて、先生や父母が紐を持って支えて立てている)をよじ登る!

一応2チームに分かれていて競争なのだけど、これらのアトラクションを一人一人全てクリアするまで大人は絶対に手を貸さないので、もはや競争よりも一人一人の子をがんばれーとみんな応援している。


そりゃ、なかなかできない子もいるわけですよ。


でもどんなに時間がかかっても待つのですよ。


子供は運動会という舞台で、仲間や保護者や来賓やらみんなが見ている前で、一所懸命全てをクリアするのです。


厳しいです。



運動会で順位をつけるかどうかで問題になる昨今ですが。

順位とかどうでもいいよ、一人一人が精一杯自分の力を出し切る姿を見る舞台なんだよ、と教えられた感じ。



そして年下の子たちは、

「年長さんすごい!」

とますます強い憧れを抱き、

「自分もあんなふうになるんだ!」

と意識します。


憧れて、真似をして、やがて自分も年長さんになります。



そしてね、もうひとつ感銘受けたのは、子供の行動の受け容れ方。


2歳児クラスぐらいって、出番になっても砂で遊んでいたり、座ったまま動かなかったりってことがあるんですよね。

ふつうの園の運動会なら、手を引っ張ってとか抱っこしてとか、無理やり出番をこなさせるのでしょうが、この園は違う。


「○○ちゃんは、見ていることを選んで見学していました」

「大好きなツバメのリズムになると元気よく出て行って、素敵なツバメを見せてくれました」

と・・・


「自分の行動は自分で決めている」

というとらえ方なのです。


子供の行動には全て理由があり、今どういう状況なのかを自分で見て、自分はどうしたいのか、どうするのかを決めている。

それを妨げたり口出ししたりすることは、子供そのものを否定しコントロールしようとしているにすぎないのですね。




とんの保育園の運動会は「運動会」という一般認識の斜め上で開催されていました。

来年も楽しみ。





スポンサーリンク
posted by すっこ at 11:33| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク