2017年10月27日

子育てと「ながらスマホ」


http://president.jp/articles/-/23163


こんな記事を発見!

別に我が子は東大に入らなくても良いけど、(いや、入っても良いけど!)心の安定が学力にまで通じているとは、気が付かなかった!


というか、学力についてここまで考えることに気が付かなかった。

だけど今よくよく考えてみれば、当然な気もしてきました。


学力が高い子が出来上がるっていうのは、幼い頃から学習意欲が高かったということ。

学習意欲はどうやって湧き上がるのかというと、心が安定し自分のやりたいことに素直に取り組める環境にあった場合、子供特有の好奇心・探求心がのびのびと広がって、自ら知ろう、やってみようと思う・・・っていうこと、ですよね。

心の安定はどうやってでき上がるのかというと、家庭で親が「あなたを見ているよ」「大好きだよ」と態度で示し、子供が心から安心する場所を確保することで築くことができる。



勉強にしろ、自律心にしろ、社会に適応していく力にしろ、転んだとき起き上がる力にしろ・・・、基本は同じ原理で成り立っているのだろうな。



学校で「社会」(外の世界)を初めて学んでいる子供たち。

社会は、自分の本能的な欲望だけを通すことは通用しません。


他人の中で揉まれて「自分」が出来上がっていくけれど、その過程には自分を殺したり、理不尽さに耐えたりすることが必要になってくる。

幼い心に容赦なく試練は降ってくるわけです。

試練は辛いこともあるけれど、学校から帰って来て家庭で安心することができたら、つまり「自分は大丈夫なんだ」と思える場所が確保されていれば、子供は試練を糧に、社会で1人で立つ力を身につけてゆく、ということですね。



で、「ながらスマホ」です。


どこで見た情報かは忘れてしまいましたが、

「何を話してもスマホに没頭してスルーする母親を前に、幼い子供が
『ぼく、スマホに産まれたかった。』
とつぶやいた」

という話があります。


その無垢な感情が今後どこへ向かっていくのか・・・想像すると何とも切ない気持ちになります。


上は極端な例ですが、「そんなに私はスマホに依存してないし」と思っていても、子供との会話をついついスマホの画面を見ながらしてしまったこと、誰でも1度や2度はあるのではないでしょうか。


スマホを扱っている本人は、その画面の中に仕事や交友関係や趣味や生活の断片の世界を見ているのでしょうが、
それを外から見たら、ただの「手のひらサイズの金属の塊を持った人」です。


スマホは世界とつながっているけれど、今一番近くにいる人とはつながっていない。


そこを想像しながら扱わないと、スマホは人間を壊す。
大げさかもしれないけど、そんな恐怖を感じます。




さて、自分を振り返ってみる。

ながらスマホでぴよと話すこと、ある!ある!

私はスマホゲームもそんなにしないし、ラインも必要な連絡に使う程度だけど、それでも衝撃的なほど思い当ります。

例えば夕飯のレシピを検索して、今関係ないレシピまであれこれ保存することに熱中したり、
たまたま見たサイトのニュースの見出しが次々気になってネットサーフィンしてしまったり。
そういうのって、罪悪感ないから子供の前でもやっている。

ぴよたちの世代は産まれたときからスマホがあるから、スマホが生活の中に組み込まれていることには疑問も不満も感じないでしょう。

ただ、そこに付け入ってしまう大人のズルさ!

私もそうだ!


ながらスマホに限らず、「子供の話を聞く」ということの大切さ、深く刺さりました。



私は「ながらとん」も圧倒的に多いわけですが。
とんもぴよとの話に巻き混んで楽しむのが理想かもね。
理想と現実は噛み合わないこと多いけど。


まずは!
どんな場合でも、
ぴよが私に話しかけてくれた時は、ぴよの目線からの私の姿を想像しながら会話をしてみよう。



スポンサーリンク
posted by すっこ at 17:35| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク