2018年08月20日

わかったよ


お盆休みが終わり、私も仕事が溜まっているのでとんは保育園へ。


2歳のとんにとっても休み明けの朝はいつも以上にダルかったのか、全然目が覚めない!

朝ご飯をなんとか食べた後も、「ねんねする」と言って寝室へ戻りたがり、大泣き。


大号泣の中

「眠いよねー、昨日寝るの遅かったもんね。
でもお友達もきっと待ってるから、もう着替えよう」

と何度も説得?してたら、突然とんが、思いもよらない言葉を叫びました。




「わかってる!!」


「わかってるよーーーー!!」




そしてうわあああああん、と大号泣。







そうか。


そうかそうか。


わかってるんだね。


ごめん。


ママ、わかってないと思ってた。






「わかってるんだね。」

と言ってしばらくギュッとしてたら落ち着き、いそいそと着替えを始めました。



とんの中で何かが繋がって、一歩前進した瞬間でした。




今までは

”自分はわかっているのにできなかったり嫌だったりする”

ということを周りに理解してもらえない、そのやるせない気持ちを泣き叫ぶことでしか表現できなかったのでしょうね。


その気持ちを言葉にして伝えられた。

そしてママを気付かせた!

すごいね!!






これでコツを覚えたらしく、

悪さをして

「やめなさい!」

と注意されると、

ひとしきりやった後

「もうー、わかったよ!」

と言ってやめる、という技を習得しました。





スポンサーリンク
posted by すっこ at 19:18| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク