2019年06月04日

ざわざわについて、追記。


前回の、自分はどうしたいのか、どう感じているのかという問いかけに心がざわざわする、という件ね。


大人の常識として隠すのが当たり前になっていて、更に隠していることを意識しないでコミュニケーションをとっているからざわざわする……ということの他に、感情の根っこがある気がしてきたので覚書。




それは


「私が子供の頃は、誰もそんなこと聞いてくれなかったじゃん!」


という思いの塊。




そしてこれは、ありのままの過去の出来事ではないことも薄々気付いている。


聞いてくれなかったのが事実なのではなく、「聞いてくれなかったと思っている私がいる」。

それだけが真実。



不甲斐なさ、心許なさ、気持ち悪さ、自己防衛に意識が向いて、本当に起きたことは違う過去を捏造している…極端に言えばそういうこと。






人が物事を色眼鏡で見るのと同様

私は過去を作って言い訳をする。




はあ。ありのままとは、ただそこにあるだけなのに。

はあ。








スポンサーリンク
posted by すっこ at 16:12| Comment(0) | 私のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。