2019年06月07日

「指名なし発表」


とんの保育園での保育方針に心を動かされていたら、

ぴよの小学校でも感銘ポイント、やってきました!



先日の授業参観で見た「指名なし発表」。
これがすごい!


一般的には発言したい人が手を挙げて先生に当てられたら発言したり、挙手なしで先生がいきなり当てて答えさせたりしますよね。

ぴよのクラスでは、その方法だけではなかったんです。



「指名なし発表」では、

発言したい人は次々と立ち上がる。

もちろん複数が同時に立ち上がります。

誰が発言するのか、立ち上がった子同士で目配せしたり、「私言っていい?」と確認したり、「どうぞ」と譲ったりしながら一人ずつ発言を進めていきます。



これ、一見したら効率が悪いようにも見えますが、
ものすごいことが子供達の中で起こっているはず。


勇気を出して立ち上がること。
立ち上がったら、「私は意見があります」ということだから、必ず発言しなければなりません。
その責任を負いながら立ち上がります。

複数の人と限られた時間で限られた手段で、発言の順番を決めていくこと。
仲間たちに真摯に向き合わなければ、こうしたコミュニケーションは成立しません。



”先生が指名すると、指名された子は誰でも答えられます。
でもそれは「当てられたから答える」という受け身の学習です。

指名なし発表を取り入れる理由は、「自分の言いたいことを自分から伝えられる人間になってほしいから」です。

立って発表することは、その行為自体に価値があるのです。
内容があっているかどうかは関係ありません。”

(「クラス通信」より)



自分の意思で立つこと。
子供の性格などによっては、とてもとても難しいことだろうと思います。

もちろん立たなくてもいいのです。
立たないことを選択しているのは自分です。
その自覚も生まれます。
(手を挙げないことよりも自覚が生まれやすいですよね)



自分で伝えること。

3歳児と4年生の教育、繋がりました。



受け身ではない、自分の意思で発信し、人と繋がりを持っていくこと。

そんなことを学べる環境に子供達が恵まれ、
本当にありがたいと思っています。







スポンサーリンク
posted by すっこ at 09:15| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

ブランド


ぴよは服に無頓着。


ひらひら、キラキラなんかも無縁で、小さい頃から今まで一度も「ドレス」「プリンセス」などに興味を示したことはありません。



いつも服は私が適当に出しておくと何も考えずに着て行く。
それだけ。
こっちは楽ですけど。


だから基本、子供服はリサイクルショップで古着です。
ほとんど1着300円。
楽ですね。

(さらにとんには、そのお古が回ってきていますが)





でね、学校のクラスの女子の間で、プロフィール張のやり取りがよくあるみたいで、ぴよがお友だちから渡されたらしい用紙に一所懸命に書いていました。


プロフィール帳って、昭和の時代は「サイン帳」と呼んでたような。

「名前」「生年月日」「趣味」
さらに
「好きな食べ物」「嫌いな食べ物」「今はまっていること」「休日にすること」
もっともっと
「好きな人はいる?名前は?」「告白したことある?」「告白されたことある?」
細々と根掘り葉掘り聞かれるやつです。
今は「好きな動画」「お気に入りアプリ」「SNSのアカウント」なんていう項目も。
時代を反映しています。




その中にあった「好きなブランド」とう欄。

ぴよが


「ブックオフ」


と書いているのを目撃。



ごめん、多分それ、ブランドじゃないわ…。





スポンサーリンク
posted by すっこ at 13:54| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

大宮・鉄道博物館


10連休のメインのお出かけは、大宮鉄道博物館でした!


新幹線・ニューシャトル・入場券などがセットになったチケットを購入していたので、東京〜大宮まで約25分程度新幹線に乗るという贅沢な日帰り旅行です。


電車・新幹線マニアなとんにとっては夢の国ですが、たくさんありすぎて飽和状態。

ぴよととん、お揃いの電車Tシャツを着て満喫してくれたようです。

IMG_3458.jpeg

鉄道博物館 ブログ.jpeg



新幹線シリーズのお弁当を買って、ランチ用車内で食べる。

IMG_3464.jpeg





最後に、自分で運転できる小さな電車や新幹線の乗りもので、車種は運次第で選べないものがあって、とんは希望の成田エクスプレスに当たらず(北斗星でした)大泣きして運転もぴよに変わってもらうという事態がありましたが。
(朝一番で整理券取った人しか乗れないので、じゃあもう一回というわけにいかなかった)

IMG_3480.jpeg

運転するネーネ。

この後ろでとんはひっくり返って絶望しています。




6歳差の男女なので最近は二人同時に楽しめることを探すのが難しくなってきました。

とんがいなければ一生来ることなかったであろう(存在も知らなかったであろう)鉄道博物館。

展示してる実際の車両の数が圧巻なだけでなく、昔の駅看板や車輪の展示、電車・新幹線の歴史、運転シュミレーターなどなど、ちゃんと見ようと思ったら1日じゃ足りないです。


ぴよが率先して楽しんでくれたのでよかったー。



スポンサーリンク
posted by すっこ at 18:34| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。